あがり続ける消費税

最初は3パーセントだった消費税も、段階を踏んでいつのまにか8パーセントなっています。1万円の買い物をしたときに支払う消費税は800円。結構な金額です。しかし、この消費税、どうして、どんどん上がり続けていくのでしょうか。「消費税を導入すれば、これだけのメリットがある
財源を確保できるから社会が良くなる」。確か最初の導入時に、そう聞いたような記憶があります。それなのに、病院を受診した際の自己負担の割合は大きくなるし、いろいろなものが値上がりしています。全然社会が良くなったことを実感できずにいます。オリンピックなども、決して悪いものだとは思いません。しかし恩恵を受けられるのはごく一部の人たちだけだと感じます。
一般家庭には特段何も良いことが起こらないまま国のために税金だけを納めているような気持ちになってしまいます。特に大きな買い物をした際の消費税はレシートを見るのも憂鬱です。この金額があれば…と考えてしまうこともあります。とはいえ、これ以上の値上がりは避けたいですが、。
払わなければならないルールですから、それは仕方ありません。
せめて、「そのお金で社会が良くなった」と実感したいものだな、と今は思っています。
自動車保険見積もりマックカード